CF法の高値でもIgM陰性だった例

サイトメガロウイルスの検査で、CF法という検査があるかと思います。値段が数百円と安い事から、正確度ではEIA法などには劣るものの、一部の医療機関では、最初のスクリーニングに使われている場合もある様です。

これまでCF法で64倍以下なら、再検査となったEIA法のIgMで陰性(=今現在は感染していない)というパターンを何度も見聞していましたが、最近、CF法で128倍だったが、再検査のIgMで陰性だった、という報告を受けました。

128倍では、IgMでも陽性に出る方が多いのかなあ、という印象でしたが、上記の例もある、という事実をお知らせします。

妊娠中(妊婦さん)のサイトメガロウイルスについては、現在はコメントのみの対応ですが、随時受け付けています。
スポンサーサイト

映像の普及と言葉の貧困さの関係について

東京都墨田区にある「若石(じゃくせき)式足もみ」の「河のや(かわのや・河野屋)」です。

少し前に、何の本で、誰が書いていたのかも全く忘れてしまったのですが、とても興味深い話を読みました。言葉も正確には覚えていないのですが、内容的には、映像が発達・普及すれば、言葉が衰える、という話だった筈です。

私が、成る程!と感じたのは、今の様に何かを紹介したり、説明したりする場面で、映像がどんどん利用されれば、言葉で説明されるよりも、一目瞭然な場合も多々あるのかなあ、と考えたからです。

例えば、りんごという単語を知らない人に、りんごを説明する場合に、言葉では「赤い(あるいは薄緑)色の、丸い形をした、ヘタの所がちょっと凹んでいて…云々」と、人によっては分かり辛い部分もあるでしょうが、「ほら」と映像を見せられれば、聞き手も「ああ、これね」と直ぐに了解出来る場合も多いのかなあ、という気がします。

しかし、万事に付けこんな調子ですと、言葉で説明する必要がなくなります。ジェットコースターの恐怖感や迫力、楽しさを説明するのにも、言葉で説明するより、動画を見せた方が、「ああ、これは凄い」と感じる人が多いのではないでしょうか…。

映像で説明が済めば済むほど、言葉による説明は不要になって行きます…。勿論、多くの単語を使う必要もなくなって来るでしょう。美味そうなラーメンを見て、「やべー!」と言っても、そこに映像があれば、同年代同士であれば、その「やべー」が、良いやべーなのか悪いやべーなのかも、瞬時に判断が付くに違いありません。

近年は、色々な場面で「コミュニケーション能力の不足」という表現を見聞します。私は、その様な事を感じる場面に遭遇した事はないのですが、もし以前に比べて、若い世代でコミュニケーション能力の不足が起こっているとすれば、映像を主体とした現在の生活環境、も理由の一つに挙げられるかも知れません…。

妊娠中(妊婦さん)のサイトメガロウイルス感染の問い合わせは随時受け付けています。
電話 03-5610-9177 河のや

若者の消費活動の低下について

東京都墨田区にある「若石(じゃくせき)式足もみ」の「河のや(かわおや・河野屋)」です。

先日、宅配ピザ店の店長を二十年以上やっているお客さんから、興味深い話を聞きました(多くの人には当たり前で、私が無知なだけなのかも知れませんが…)。

お客さんは店長さんですので、アルバイトの従業員を雇い、長年見てきています。その経験での印象で、最近の若者男子(大学生など)は余りお金を稼ぎたいと思っていない、のだそうです…。理由は、別に彼女も欲しくない、どこかにデートに行きたいとも思わない、友人と酒を飲みに行ってワイワイと話したいとも思わない、車やバイクに乗りたいとも思わない、等々…。

これらの理由を一つにまとめると、スマホで大抵の事が足りるから…、と指摘します。

色々考えると、成る程なあ…、と感じる部分もそれなりに多い様な気がします。

ちなみに、そのお客さんによると、変化が感じられるのは若者男子で、若者女子については、二十数年前から余り変わらないかなあ、という印象だそうです…。

私のある知人女性は、近年の男性の軟弱化の理由について、戦う場面が減ったから強くなる必要がない、という感じの事を話していました。

妊娠中(妊婦さん)のサイトメガロウイルスについての問い合わせは、随時受け付けています。
電話 03-5610-9177 河のや

核兵器について2

東京都墨田区にある「若石(じゃくせき)式足もみ」の「河のや(かわのや・河野屋)です。

広島での続きです。

原爆ドーム前には、一人のボランティアガイドが、クリアファイルに入れた資料を掲げながら、解説していました。ガイドは60代でしょうか、女性で、私が解説を聞いたのは途中からで、聞いていたのは5分程度しかなかったのですが、その5分程度の中でも、無学な私には新鮮な驚きを与えてくれました。

世界で2万を超える核兵器の保有数…も然(さ)る事ながら、アメリカ大統領と共に持ち運ばれる黒のブリーフケースも、その一つでした…。

核のフットボールとも言われるそうですが、この黒のブリーフケースには核爆弾の発射に際しての発射ボタンや、その手引書などが入っていると解説されていましたが、アメリカ大統領(当時)のオバマさんが2016年5月27日に平和記念公園を訪れた時にも、お付の人がこの黒のブリーフケースを提げていたそうです(写真で説明していました)…。

他の核兵器保有国でも同様に、移動式発射ボタンは随行されているのかも知れません…。

いずれにせよ、何時(いつ)でも何処(どこ)でも核兵器使用の準備は整っている、と言う事なのでしょうね…。

妊娠中(妊婦さん)のサイトメガロウイルス感染についての問い合わせは、随時受け付けています。
電話 03-5610-9177 河のや

核兵器について

東京都墨田区にある「若石式足もみ」の「河のや(かわのや・河野屋)」です。

ちょっとした仕事・取材があり、先日広島に行く機会を持ちました。広島には約10年振りでしたが、改めて原爆ドーム、資料館を見てきました。しかし、資料館は改修工事中で、かなり規模が縮小され、見たかったものが見られずに終わりました…。原爆ドームは、前回の見学時が補修工事中で足場が掛けられた状態でしたが、今回はしっかり全貌を見る事ができました。

資料館で私が見たかったものとは、広島市長が出す抗議文です。

前回資料館を訪れた時には、別館?みたいな建物が出来ており(前々回に訪れた時には、資料館は細長い1つの建物だけだった様な記憶があるのですが…)、入場して直ぐの広い空間から、2階に階段を上がって行く造りになっていた記憶があり、その階段を上る途中に大きな円い柱の側を通った記憶があるのですが、その柱一杯に広島市長の抗議文のコピーが張り詰められているのを見ました。

抗議文とは、核実験を行った国々に対して、核実験が行われるたびに、昭和40年代半ばから、歴代の広島市長の名で抗議文が送られていた物、らしく、私はその事実を全く知りませんでした。ああ、広島の原爆はまだ終わっていない…、過去の遺物ではなく、、今もこうやって動いているのだ、とその行動に目頭を熱くした記憶があります。

その時、私の視線の先には、丁度入口から入ったばかりの展示物があったのですが、その展示物の前で、サリーを身に付けていたのでインド人かと想像するのですが、そのインド人らしき女性が泣き崩れる場面に遭遇しました。

それらの記憶が鮮明でもあり、改めて抗議文の柱を見たいと期待していたので、今回はちょっと残念でした…。

なお、抗議文自体は、過去の分を含めて、広島市のホームページでも見られるみたいです。ちなみに、最新の抗議文は、約200日前に北朝鮮が行った核実験に対する抗議文、の様です。また近年では広島市長だけでなく、多くの自治体の長の名によって核実験が行われた国々に抗議文が送られているみたいです。

妊娠中(妊婦さん)のサイトメガロウイルスに関する問い合わせは、随時受け付けています。
電話 03-5610-9177 河のや
main_line
main_line
プロフィール

河のや

Author:河のや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード